HOME
子供向け絵画教室
美大受験コース
一般絵画教室
美大受験合格実績
講師紹介
MAP
お問い合わせ先
岐阜市溝旗町1-23-1
TEL:058-264-1016
mail:n-art@ccn.aitai.ne.jp

アンパンマン

自己犠牲のアイコン

バイキンマン

ピカレスク代表。結構好き。

 

ドキンチャン

わがまま代表。かわいい。

 

美とは?-3

美という文字は、3000年前、中国で生まれた。5万年前ほどに、丸太船に乗って、アラビア半島沿いに脱アフリカをした我々の祖先は、あるものたちは真北を目指し、カスピ海方面に行き、コーカソイド、白人種となり、あるものたちはユーラシア大陸の東北を目指して、アルタイ山脈付近で厳しい自然環境に閉ざされて、モンゴロイド、黄色人種となった。アフリカにとどまったものたちは、黒人種として今にいたる。

さて、私はモンゴロイドである。どうやら、一番厳しい自然環境で長い間とどまることになった我々の祖先は、吹きすさぶ黄砂混じりの凍った風の中で、体温を奪われないように、頭部の表面積を少なくするように、頭骨は球に近くなり、コーカソイドや黒人種に比べ、絶壁、腫れぼったい顔になった。また、黄砂を背景に、保護色として、肌が黄色くなったのだという。

さて、なぜこんなことをくどくどと書いたのかというと、我々の祖先は、ずいぶんと厳しい自然環境に置かれた、ということである。原始宗教が誕生して、神という概念が生まれ、神の怒りが厳しい自然環境の原因を作り、しばしば家族の命を奪うと考えれば、神を祀る際に、神が災厄をもたらす前に、一族を代表した生贄を選び、その命を捧げる風習が生まれた。

というのも、長い間アルタイ山脈付近で過ごした後に、モンゴロイドのある一派が3万年前、氷河期でベーリング海峡は氷で覆われていたので、徒歩でアメリカ大陸にわたり、マゼラン海峡まで長い時間をかけて到達した。その道筋にあるアジアから、マヤ、インカ、ペルー、マチュピチュにわたる遺跡には、かならず生贄台が見受けられている。1995年に、5百年前、ペルー高地で生贄にされた子どものミイラが発見された。彼らの体内からは、コカの成分が発見されていて、生贄として捧げられる神聖な子どもたちは、麻薬による高揚感の中で死んでいった。こうして、モンゴロイドの風習として生贄文化が生まれたのだろうけれども、中国の黄河周辺に到達し、そこで落ち着いた祖先たちは、一万二千年前にドメスティケーションの発見、つまり、家畜化の成功によって、羊を養うことに成功し、羊は重要な経済動物となった。

素晴らしく科学の進化した現代でも、自然の猛威によって大勢の人々が亡くなるのだから、古代の人々は、いきなりにして、現代よりも何倍もの大勢の家族や部落の仲間たちの命を奪われてきた。神の怒りを抑えるために、部落を代表した生贄の死を以って供物として捧げられたのは人間であったが、家族やメンバーの中から代表を選ぶことは大変辛いことに違いない。ということで、人間の次に大切な、経済動物である羊を選ぶことにしたのである。

ところが、人間の代わりに生贄になるのだから、その羊は村一番の立派な羊でなくてはならない。

美という字は羊と大が組みあわさってできている。大きな羊である。象形文字として、大を後ろ足と見て、羊が後ろ足をひろげたところという解釈もある。

美は、生贄であり、それは自己犠牲の精神である。自己犠牲の犠に含まれる義という字は、羊と我の会意文字である。我という字は、大きな刃物を象形している。我という刃物を自分に投影する、というところがなかなか詩的で味わい深い。古代モンゴロイドは、獲物や家畜を屠畜し、肉を切り分ける者は、部落のメンバー全てに同量の肉を切り与えるという公平さを大切にしてきた。羊の肉を切る際に、義には、そうした責任を負うものとしての精神が含まれていて、犠は牛篇を部首にしているのだから、ますます自分を正し、仲間のために尽くす、という意味合いが強くなる。

こうしてみると、楔形文字から発生した表音文字のドライさに比べて、黄河文明で支配階級に極めて近い非常に知的なデザイナーによってデザインされた象形文字に、彼らの道徳観を見ることができて面白い。

我々日本人が漢字、そしてそれを簡略化したひらがなで読み書きを学ぶうちに、知らず知らずに古代中国人の気高い精神性に触れてきたことになる。

古代では、医療の発達した現代と違って多くの仲間が成人するまでに命を落とす。部落を構成するメンバーは一人ひとりが大切な役割を持って力を合わせなければその部落の発展がなかった。そのぶん、たくましく成人する能力もあり、また成人したメンバーは、部落の中での自分の立場を前向きにとらえて、美が自己犠牲である、という精神を疑うことなく受け入れたであろう。

現代ではどうか。大抵は、生まれた時から衣食住に恵まれて、何不自由なくオートマチックに学校に通い、成人するのだから、どうして自分が生まれてきたのか、自己役割の喪失感はとても大きい。誰かに頼まれたり、または自分でのぞんだ記憶のないままに気がついたらこの世界に生きている。

古代では、自己犠牲というふるまいが美しいとされてきたが、これではさまよう現代人にとって立つ瀬がないので、素のまま、生きているだけで美しい、とか、能力があって自分の役割を生き生きとこなすエリートに対して、ついつい持ってしまう妬みや憎しみのともなう暴力的破壊行動も、それが「業」なのだと認め、そのエネルギーを実社会に向けるよりは、表現芸術に向けて発散することも必要で、そうなると、ピカレスクロマンやバッドエンディングなものであっても、見逃すことのできない大きなエネルギーを照射する作品もまた、美という自己犠牲という範疇からは外れてしまうが、優れていると言える。

 

The Chinese character “美that means beauty” was born in China 3000 years ago.

About 50,000 years ago, on boarding a log- boat, some of our ancestors who came out of Africa along the coast of the Arabian Peninsula, went to the Caspian Sea towards the north, became the Caucasian race, and some went headed to the northeast of the Eurasian continent, and as they reached near the Altai Mountains, they were trapped in the harsh natural environment, became a mongoloid race. Those who stayed in Africa are now as Blacks race.

Well, I am a mongoloid. Apparently, our ancestors who have been trapping for a long time in the harshest natural environment that be blowed violently by the frozen wind which contained lots of yellow sand, have evolved skull as round sphere so as to reduce the surface area of the head so as not to be deprived of the body temperature. And they had been the back of the head becomes flat, and swollen face as compared to the Caucasians and Blacks.Also, with yellow sand as the background, the skin turned yellow as a protective color.Well, the reason why I wrote this kind of thing is that our ancestors were placed in a very harsh natural environment.

The primordial religion was born, the concept of God was born, they thought the anger of God made the cause of the harsh natural environment, and when they thought that God often had taken the life of the family. So at a festival for celebration of the God, before God devastated the community, Custom to choose a sacrifice person representing the family from within the family and dedicated that person’s life, was born.

After spending a long time near the Altai Mountains, a group of mongoloids 30,000 years ago, walked across the Bering Strait, which was ice-covered during the ice age, to the Americas. Then they took a long time to reach the Magellan Strait.In the antiquity ruins of Asia, Maya,Inca, Peru and Machu Picchu along the way, there is always a pedestal that takes the life of asacrifice.A mummy of children sacrificed five hundred years ago in the Peruvian Highlands was discovered in 1995.The components of coca were found in their bodies, and the sacred children dedicated by their community as sacrifices died while being elevated by drugs.On the other hand, our ancestors reached around the Yellow River in China, and they who settled there were able to success to breed sheep by the discovery of the domestication twelve thousand years ago, and sheep became important economic animal .Even in the wonderfully advanced science of modern times, because of the ravages of nature, so many people die, so the ancients have suddenly been deprived of many times the lives of many more families and community mates than us in the present age.So they decided to choose sheep, one of the most important economic animals in the community, besides humans.So they decided not to sacrifice human beings, but to choose sheep, the most important economic animal in the community.The sheep had to be the most commendable one in the community because it was substitutes for humanity and be sacrificed.

The Chinese character “美(bi) means beauty” is made by combining “羊(hitsuji) means sheep” and “大(dai) means big”.It is a big sheep.As hieroglyphic, there is also an interpretation that “羊means sheep” is seen spreading a back leg, seeing “大means big” as a back leg.

“美means beauty” is a sacrifice, it is a spirit of self-sacrifice.The letter of  “義” included in the letter of “犠of four letter idioms that are “自己犠牲is the “羊” and “我” connotation letters.

“義(gi) means righteousness”

“犠(gi) means sacrifice”

“自己犠牲(jikogisei) means self-sacrifice”

“羊(hitsuji) means sheep”

“我means I”

The letter “我means I” is in the shape of a large knife. It is quite poetic and interesting to make a large knife and me identical. When slaughtering prey and livestock, ancient mongoloids valued the fairness of cutting the same amount of meat to all members of the community.When cutting(我) the meat of sheep(羊), Because “義means righteousness” includes the spirit of taking on such responsibility, and the “犠(gi) means sacrifice” also includes the letter of “牛(ushi) means cow, there is a strong meaning that we will increasingly correct ourselves and serve for our community.In this way, compared with the fact that the phonetic letters generated from the cuneiform letters are looking like innocent dry, It is interesting to be able to look at their morality in the hieroglyphs designed by the very intelligent designers very close to the dominant class in the Yellow River civilization.

As we Japanese learn the Chinese character and read / write in simplified hiragana, we imperceptibly will have touched the noble spirituality of the ancient Chinese.

In ancient times, unlike the modern age of medical development, many companions die before reaching adulthood.The members of the community would not have been able to develop the community, if each one have not an important role and unite.That’s why, he had the ability to grow tremendously, and as an adult, he would have positively accepted his position in the community and would have accepted without doubt the spirit that beauty is self-sacrifice.

How about now? Usually, we are blessed with food, clothing, and dwelling since I was born, and we go to school automatically without any problems and become an adult, so we feel a sense of loss of my own role as to why we was born.If I notice, I live in this world, but I have never been asked by anyone to be born in this world, or I have no memory of looking at it myself.In ancient times, the behavior of self-sacrifice has been described as beautiful, in such a thing there is no standing cozy situation for modern people drifted in this world,admitting that bare and only alive we are beautiful,we accept that we have the violent destructive impulse accompanied by envy and hate against the elite who has the ability to lively carry out their role, as karma,and rather than bringing that negative energy to a real world, it is also necessary to spend towards expression art.In that case, even works with great negative energy that can not be overlooked, such as picaresque and bad ending works, although they are out of the category of self-sacrifice of “美means beauty”,are said to be wonderfully beautiful.

 

美とは?-2

西洋では、プラトン以来、受け取る側に関係なく、普遍的な存在美があり、その定義について、思考されてきた流れと、その、思考の当事者こそが主体である個人なのだから、美は、感じたがわの主観による、と心理学や精神医学から思考する流れがあるという。美しく無いものがあるからこそ際立つ美なのだが、その最大公約数は、時代、社会背景や、個人によって揺らぐので、定義を固定することは出来ない。また、現代では、醜も美とみなすこともある。私は、美にたずさわる者として、常に、揺らぐ美とは何かについて、これもまた、サーベイの対象にしなければならない。

アンドレ・セラノのPiss Christについて考えてみる。キリストを中心にオレンジゴールドに輝く映像は、背後からいく筋かの光が差しこんで、神々しさを湛え、水玉が宇宙に渦巻く銀河系のようだ。

さて、この作品は、水槽にアンドレ・セラノ自身の尿を溜めて、そこにプラスチック製のキリストが磔られた十字架を沈め、写真に撮ったものだ。

アンドレ・セラノは2万ドルの全米芸術基金、原資は国民の税金を得ていたため、激怒した人に展示中にこの作品をハンマーで破壊されたり、脅迫文を送られるなど大変な騒動を引き起こした。日本では、総理大臣が国会で指名されると、天皇に任命されるように、アメリカでは、大統領は議会でキリスト教のバイブルに手を乗せて就任宣誓するのだから、アメリカは、立派なキリスト教国と言える。そこで、キリストを尿に沈めれば、敬虔な信者から、かなりの反発を受けても仕方がない。しかし、実は、アンドレ・セラノもまた、キューバ出身の母の血を引く敬虔なカトリック信者だという。それまでの生き方も、麻薬中毒者であったり、売人でもあって、決して平坦ではなかったそうだ。絶えず、神の存在を信じながらも、厳しい試練が繰り返し身を襲った場合、それでも神の存在を一度たりとも疑うことはないのだろうか。麻薬に汚染されたアンドレの尿に、安いプラスチックのキリスト像を沈めてしまう。尿を、不潔な排出物として、ケガレさせた、という解釈もあるが、自分の体内から出たものだからこそ、自分のテリトリーに犬や猫が尿でマーキングするように、キリストと最短の関係になりたいという切実な願いがあったのではないか。アンドレ・セラノ自身は、十字架像などの商品化に対するアンチテーゼだ、と言っているが、もっと深い、彼の存在に対する神への愛着を感じてしまうのは、私の勝手かもしれないが、美が私の主観によるものであるのなら、それでも良いと思う。

 

What is beauty? -2

In the West, since Plato, regardless of the recipient, universal beauty exists, and the flow that has been thought about its definition and, on the other hand, there is a flow of psychology and psychiatry that the person who thinks and feels is the subject, and beauty exists by the subjectivity of the person who felt beauty.It is a beauty that stands out because there are things that are not beautiful, but its greatest common factor fluctuates depending on the age, social background, and individuals, so the definition can not be fixed.Also, in today’s world, ugly things are sometimes regarded as beauty. As a beauty-inspired person, I always have to do surveys about what is swaying beauty.

Let’s consider Andres Serrano‘s Piss Christ. The orange-golden glowing image centered on Christ is like a galactic system in which the polka dots dance in space with the effect of light coming from behind.

Well, in this work, Andres Serrano filled the aquarium with his own urine, and took a picture of a plastic crucifixion of Christ in it.Because Andres Serrano got the National Endowment for the Arts, which is funded by a tax of $ 20,000, it caused a great deal of trouble, such as destroyed this work with a hammer during the exhibition by a person who was furious, or sending a threatening statement.In Japan, if the Prime Minister is appointed in the Diet, he is designated as Emperor, And in the United States, the President puts his hand on the Christian Bible in parliament and do Presidential declaration of office, so it can be said that the United States is a fine Christian country. So, it can’t be helped that he received considerable backlash from religious believers because he sank Christ in his urine. But in fact, Andres Serrano is also a devout Catholic who be descended from of his Cuban mother. His way of life until then was a drug addict and a drug dealer, and it was said that it was never calm. Constantly believes in God’s existence, but if severe trials repeatedly attack himself, will not he ever doubt God’s existence? Andres Serrano sinks a cheap plastic Christ statue into his drug-contaminated urine. There is also an interpretation that the urine, as a filthy excrement, but it came from his own body. So was not there a real desire that he wanted to get closer to Christ as a dog or cat marks his territory with urine? Andres Serrano says it’s an antithesis to the commercialization of crucifixes etc. It may be my selfishness to feel he loves God for his existence more deeply, but I think that it is still good if the beauty is my subjectivity.

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

美とは?-1

私たちは、ふだん、疑問を持つことなく、快感原則に従って、美しさを感じている。例えば、自衛隊の各務原飛行場から飛び立ち、轟音をあげながら垂直上昇をするF15イーグルは、無駄なく鍛えあげられた筋肉をまとう肉食獣か格闘技世界チャンピオンのように美しい。敵に予想されるあらゆる飛行運動から、奇想天外な動きに移るからこそ、敵にうち勝つのだから、パイロットは100%以上の能力を機から絞り出しているわけで、機体がそのオーダーに応えられなかった場合、実戦を想定した練習中に墜落事故が起こり、犠牲者が出る確率も高い。そうはならないために開発された世界最強のF15イーグルはストレートな機能美にあふれている。え?と、ちょっと待って。その前に、あれは、相手、敵を破壊(殺す)するためだけに作られた、純粋兵器ではないのか?F15イーグルで、広大なトウモロコシ畑に農薬巻くか?と脳内に電気が走って、ダメダメと、簡単に美しいと感じたことを自分に許したことに、深く反省をする。

 

What is beauty? -1

We usually feel beauty according to the principle of pleasure without doubt. For example, the F15 Eagle, which takes off from JASDF Gifu Airbase  and raises vertically while making a roar, is as beautiful as a carnivore or martial arts world champion who wears trained muscles without waste.

The fighter wins the enemy just because it moves from any flight movement expected by the enemy to an unpredictable movement, so the pilot squeezes out more than 100% of the ability from the aircraft, if the aircraft’s ability could not do what the pilot requested, a crash accident will occur during practice assuming an actual battle, and there is a high probability that victims will appear. The world’s strongest F15 eagle, which has been developed not to do so, is full of pure functional beauty.

Huh? And wait a minute. Before that, isn’t it a pure weapon, just made to destroy (kill) the enemy? With the F15 Eagle, do we spray pesticides on large corn fields? At that moment, electric ran deeply into the brain, and I deeply regret that I allowed myself to easily feel that the fighter was beautiful.

<  新しい記事
研究所からのお知らせ

春期講習をします。


今年も夢の実現のために春期講習を開催します。当研究所の卒業生は、合格した大学で高い評価を受けています。

左のデッサンは、岐阜大学教育学部美術のための課題です。右のデッサンは、富山大学の美術学部を受験するためのデッサンです。ふたりとも、現役高校生です。

研究所からのお知らせ

2018冬期講習会のお知らせ。

2018年度合格数
九州大学芸術工学部画像設計学科 1
富山大学芸術文化学部芸術文化学科 1
岐阜大学教育学部美術教育講座 1
武蔵野美術大学造形学部デザイン情報学科 1
多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻 1
東京造形大学造形学部デザイン学科アニメーション 1
東京造形大学造形学部デザイン学科室内建築 1
女子美術大学芸術学部美術学科洋画専攻 1
女子美術大学芸術学部アート・デザイン表現学科メディア表現領域 2
女子美術大学芸術学部デザイン・工芸学科環境デザイン専攻 1
名古屋造形大学造形学部美術コース 2
名古屋造形大学造形学部建築インテリアデザインコース 1
名古屋造形大学造形学部造形学科アニメーション・CGコース 1
2017年度合格数
金沢美術工芸大学美術科彫刻 1
沖縄県立芸術大学デザイン専攻 1
多摩美術大学絵画学科日本画専攻 1
武蔵野美術大学デザイン情報学科 1
女子美術大学洋画専攻 1
女子美術大学日本画専攻 1
女子美術大学メディア表現領域 1
名古屋造形大学美術 3
名古屋造形大学メディアデザイン 1
名古屋造形大学イラストレーションデザイン 1
名古屋造形大学グラフィックデザイン 1
2016年度合格数
東京芸術大学美術楽部デザイン学科 1
愛知県立芸術大学び術楽部工芸科 1
武蔵野美術大学造形学部油画学科 2
多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻 1
多摩美術大学美術学部情報デザイン学科 1
京都造形芸術大学芸術学部キャラクターデザイン学科 1
名古屋造形大学視覚伝達デザインコース 1
名古屋造形大学デジタルメディアデザインコース 1
名古屋芸術大学美術学部日本画コース 1
名古屋芸術大学美術学部デザインコース 1
Kids Art

子供向け絵画教室

豊かな感性と創造を育む
楽しい遊びと表現
<4才~小学生>

静物画・自由画・
模様描き(デザイン)などの、
水彩(クレヨン)画を中心に、
季節に応じた簡単な工作を
織り交ぜながら、
楽しく作品制作をしています。
Art University
Examination

美大受験コース

アーティスト、
グラフィックデザイナー、
TVゲームデザイナー、
プロダクトデザイナー、
TV・舞台セットデザイナー、
CGデザイナー、
建築設計士、美術教育者…。
これらの未来は
夢物語ではありません。

「夢」の実現に向けて
研鑽を積んでみんなの「夢」は
「現実」となりました。
さあ、あなたの「夢」は何ですか
実現に向けて一歩を
踏み出しましょう。
Art Labo

一般絵画教室

油絵・水彩画・パステル画、
皆様の興味を持たれるのは、
何ですか?

中風美術研究所は、
皆様の自由な発想を
重視した絵画教室です。

趣味から絵画展への
出展まですべての人の
ご要望に応じます。
N ART LABO © Copy Right 2005n-art.com All Rights Reserved
中風美術研究所
岐阜市の美術・芸術大学受験予備校/一般・子供絵画教室
美術専門の教室を開設して30年となりました。楽しく絵を描きながら展示会も行っています。
中風 明世
Akiyo Nakakaze
幼稚園児から大人、そして美大を目指す受験生まで、絵画全般すべての人のニーズ に対応します。年に1度作品展を行ったり、親睦会なども多々あり、楽しくアットホーム な雰囲気で勉強できますよ。
- 常勤講師 -
片岡 美保香
Mihoka Kataoka
それぞれの生徒の夢をバックアップします。
小森 和恵
Kazue Komori
子どものキラキラした目に出会うことが大好きです。作ることの楽しさを、一緒に感じて行きたいです。
浅野 智美
Tomomi Asano
どうして子どもの描く絵はすばらしいのでしょうか。子どもの可能性を、図工でのびのびと育むサポートをしたいと思っています。
- アドバイザースタッフ -
岡 廉久郎
Renkuro Oka
山内 明日香
Asuka Yamauchi
杉浦 葵
Aoi Sugiura
田中 宏和
Hirokazu Tanaka
福田 圭佑
Keisuke Fukuda
シゲヲ ヨシダ
Royale designer
園三
ENZO