HOME
子供向け絵画教室
美大受験コース
一般絵画教室
美大受験合格実績
講師紹介
MAP
お問い合わせ先
岐阜市溝旗町1-23-1
TEL:058-264-1016
mail:n-art@ccn.aitai.ne.jp
2019.07.05

Survey of my life 所長日記。8月19日より、東京京橋アートスペース羅針盤で、企画展をしていただきます。

Survey of my life

私は自分の人生のサーベイを行う。私の芸術表現がどこへ向いていくのかを思考している。私の創作のモチーフを、私ではない人々の体験や情報を対象にした場合、それを受動するのが私である以上、やはり、すべての知覚、感覚は私の肉体と精神を通るのだから、それも私のものと言えるのだが、私ではない人々の著作や作品がいかに私を感動させ、素晴らしいものであったとしても、私が体験し、表現したものではない限り、それは二次体験にしかならない。私の今までの来し方が、すでに発表されたすぐれた作品を生み出した作者ほどの、面白く示唆に富むものではないかもしれない。しかし、私は、自然にというのか、この世界の成り立ちの最中に、ホモサピエンスサピエンスになるように設計されたDNAに基づいて、生み出されてきたのだし、結果としては、私の脳は、外に向いた感覚器官を頼りに、外の世界や他者について、その能力を頼りに類推するしか無いのだから、距離が遠くなるにつれて実感が薄らいでいく他人事や外界ではなくて、私は、結果として、私自身を測量する。

今から10年前に、税金の仕分け人が、テレビカメラの前で「二位じゃダメなんでしょうか?」と言ってマスコミを賑わした。世界一のスーパーコンピューターの開発にかかる莫大な税金を削減したい、といった趣旨であった。マスコミが問題としたこととはまったく違うのだが、私はコンピュータに詳しい知り合いに、世界一の計算速度を持つスーパーコンピューターを作ることはそんなに難しいのか、と聞いたところ、そこそこ優秀なパソコンを並列に限りなくつなげても、出来ます。と言うのだ。とはいっても、一台一台の電力消費量、また、冷却装置の設備などを考えると、一台のスーパーコンピューターを作るよりも、莫大なお金がかかり、全く現実的では無いと言う。数万年まで、ネアンデルタール人も存在していたなど、新人類は何種類もいたのだが、今はホモサピエンスサピエンスしかいない。他の種は絶滅したというのに、なぜ、我々が生き延びたのかというと、進化の途中での突然変異で、FOXP2遺伝子を持つことができたからだと言う。ネアンデルタール人と比べて脳の容量は少なく、一人一人のスペックは低いのだが、FOXP2遺伝子により、人と人がコミュニケーションをとりながら団体として優れることで、ほかの人類にはできなかった科学的進化をとげたのだから、私も私自身を測量するからといって、周りの人たちや取り巻く情報から目を背け、耳を塞ぐ、というわけでは無い。そうした様々なコミュニケーションの結果を素直に取り入れて、私の血と肉となり、自分のものになったという結果をサーベイする。

I do a survey of my life. I am thinking about where my art expression goes. When I seek the motives of my creation in the experiences and information of people who are not me, it is me who will accept them, so again, all perceptions and feelings pass through my body and mind, so they can be said to be mine. However, no matter how literary and artistic works of people who are not me move and impress me, it is only a secondary experience unless it is something I have experienced and expressed. My way of life may not be as entertaining and suggestive as the author who produced the excellent works already published. However, I have been created based on DNA designed to be homo sapiens sapiens, in natural, or in the midst of the formation of this world. As a result, my brain is pushed into the skull and indirectly informed about the outside world and others from the sense organs such as eyes, nose, ears and skin that are facing outward ,because I can only guess by relying on the ability of the sense organ, therefore I survey myself, not a stranger or the outside world where the feeling gets thinner as the distance gets farther.

Ten years ago, a budget examiner was heavily reported by the media saying, “Is that not good as the second place?” in front of a television camera. The purpose was to reduce the huge tax on the development of the world’s best supercomputer. It is completely different from what the mass media treated as having a problem, but I asked an acquaintance familiar with computers if it was hard to make the fastest computer in the world, but he says it is possible to connect as many good PCs in parallel as possible. I asked an acquaintance familiar with computers if it was difficult to make the world’s fastest supercomputer, but he says it is possible to connect as many good PCs in parallel as possible. However, considering the power consumption of each unit and the equipment of the cooling device, it is far more expensive than making one super computer, and it is not realistic at all. There were many kinds of new human beings, such as Neanderthals also existed on the ground until several thousand years, but now there is only homo sapiens sapiens. Other species are extinct, but why did we survive? It is because we were able to carry the FOXP2 gene due to a mutation in the middle of evolution. We, Homo sapiens sapiens, have less brain ability compared to Neanderthals, and although the specs of each person are low, the FOXP2 gene enables them to communicate with each other as a group. Unlike human beings other than Homo sapiens, we have made scientific progress, therefore just because I survey my life does not mean that I can not turn away from the people around me and the surrounding information. I take in the result of such various communication honestly and survey the result that it became my blood and flesh, which became my own

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

N ART LABO © Copy Right 2005n-art.com All Rights Reserved
中風美術研究所
岐阜市の美術・芸術大学受験予備校/一般・子供絵画教室
美術専門の教室を開設して30年となりました。楽しく絵を描きながら展示会も行っています。
中風 明世
Akiyo Nakakaze
幼稚園児から大人、そして美大を目指す受験生まで、絵画全般すべての人のニーズ に対応します。年に1度作品展を行ったり、親睦会なども多々あり、楽しくアットホーム な雰囲気で勉強できますよ。
- 常勤講師 -
片岡 美保香
Mihoka Kataoka
それぞれの生徒の夢をバックアップします。
小森 和恵
Kazue Komori
子どものキラキラした目に出会うことが大好きです。作ることの楽しさを、一緒に感じて行きたいです。
浅野 智美
Tomomi Asano
どうして子どもの描く絵はすばらしいのでしょうか。子どもの可能性を、図工でのびのびと育むサポートをしたいと思っています。
- アドバイザースタッフ -
岡 廉久郎
Renkuro Oka
山内 明日香
Asuka Yamauchi
杉浦 葵
Aoi Sugiura
田中 宏和
Hirokazu Tanaka
福田 圭佑
Keisuke Fukuda
シゲヲ ヨシダ
Royale designer
園三
ENZO